福島市、伊達市で弁護士にご相談なら半澤法律事務所へどうぞ

お気軽にお問い合わせください。
024-526-0524相談受付時間 9:30~17:30(土日・祝除く)

ホーム > 2018年 > 9月

 自己破産というと、大きな不安を感じる方もいるかもしれません。しかし、破産したからといって、収入がなくなってしまい生活ができなくなるとか、選挙権がなくなるわけではありません。
 主なデメリットをご説明します。
 まず、不動産などの財産の多くは手放すことになります。しかし、生活に必要な一部の財産は保有し続けることができます。車も保有し続けられる場合があります。
 また、名前を官報に掲載されます。しかし、実際には常に官報を見ている人はほとんどいないと思います。
 保険業、警備員など一部の職業には制限があります。しかし、多くの方には問題ありません。
 ギャンブルなどで借金を抱えた場合でも多くの場合は免責されます。
 このように、思ったより自己破産のデメリットは少ないのではないでしょうか。
 自己破産の手続を行って免責されれば、税金などを除く債務全額が免除されます。
 私は、借金のせいで家族関係がギクシャクしたり、精神的に不安な毎日を送ったりしている方には、自己破産も選択肢として検討してほしいと思います。
 収入や資産によっては、法テラスの無料相談と弁護士費用の立替制度を利用できますので手元にお金がなくても相談や依頼が可能となります。
 借金で苦しんでいる方はお気軽にご相談ください。
                               半澤

借金の相続放棄について

  • schedule2018年9月17日

 借金を抱えた方が亡くなった場合でも、相続人は相続の開始を知ったときから3か月以内(期間を延長することができる場合もあります。)に家庭裁判所に申述を行えば、借金を相続しなくて済むことになります。この場合には亡くなった方の財産も放棄することになります。
 親や兄弟が多額の借金を抱えたまま亡くなった場合には、この相続放棄の手続きを知っているかどうかで、その後の生活が大きく変わってしまうこともあります。
 相続放棄には期間制限がありますので、早期の対応が必要となります。お早めに弁護士にご相談ください。
                                    半澤

PAGETOP