福島市、伊達市で弁護士にご相談なら半澤法律事務所へどうぞ

お気軽にお問い合わせください。
024-526-0524相談受付時間 9:30~17:30(土日・祝除く)

ホーム > 業務内容 > 交通事故の相談について

交通事故

はじめに

交通事故は、自分がどんなに気を付けていても、停止中に追突されるなど、巻き込まれてしまうことがあります。
 運悪く交通事故に遭ってしまった方は、自分が理不尽な被害を受けたことへの憤りや加害者への恨みなど、複雑な感情を抱いていることと思います。事故によりお怪我をされた方は、怪我の痛みだけでなく、仕事ができなくなったり、生活が不自由になったりしたことに対する悲しみなど多くの苦痛に悩まされていることと思います。
 さらには、追い打ちをかけるように保険会社の担当者から心ない言葉を浴びせられたり、怪我の症状が続いているのに治療の打ち切りを求められたりする場合もあり、大変な思いをされていることと思います。
 当事務所では、交通事故の被害者のお客様には、まずは保険会社や加害者からしっかり治療費を支払ってもらって、十分に怪我の治療ができるようサポートしたいと考えております。そして、最終的には適正な賠償金の獲得を通じて、お客様に納得して事故に区切りをつけていただくことを目指しています。

弁護士に依頼するタイミング

治療が終了して保険会社から賠償額を提示されてから弁護士に確認してもらうこともできますが、交通事故という問題が生じているのですから、事故に遭った直後に相談していただいてかまいません。早期に弁護士が代理人となることによって、事案によっては保険会社から不当に早い治療費の支払打ち切りを防げることや、適正な後遺障害の認定が可能な場合があります。交通事故に遭ったら早期にご相談ください。

交通事故の慰謝料について

交通事故の損害賠償の慰謝料の基準として、自賠責基準、任意保険会社基準、裁判基準の3つの基準があります。
 加害者が契約している保険会社からは、任意保険会社基準により賠償金額の提示がなされることが多いのですが、裁判基準よりもだいぶ低い金額であることが通常です。保険会社との交渉によって通院慰謝料の金額を増額できる場合があります。

むち打ちについて

いわゆるむち打ちは頸椎捻挫などの診断がなされることがあります。レントゲンやMRIなどではなにも異常がない場合でも、首の痛み、違和感、手のしびれなど、とても不快な症状が長く続く場合があります。
 まだ症状が良くなっていないのに、保険会社から治療費の支払を打ち切りを求められる場合もあります。事案によっては、身体の症状をしっかり説明することや、医師と相談することによって治療費の支払が打ち切られるまでの期間を延長することができる場合もあります。

弁護士費用について

弁護士特約に加入されている場合には、特約の内容に応じて保険会社が弁護士費用を支払います。現在は多くの自動車保険に弁護士特約が付帯されていますので、お客様本人は弁護士費用のご負担がない場合が多くなっています。自動車保険以外の保険から弁護士費用が支払われる場合もありますので、ご確認ください。

料金表

おおよその目安で税別の料金です。
具体的な金額は、丁寧にご説明のうえ委任契約書に明記します。他に印紙代、郵券代などの実費がかかる場合があります。
弁護士特約に加入されている方は、特約の範囲内で保険会社が弁護士費用を負担します。
お気軽にお問い合わせください。

相談料
30分 5,000円です。
弁護士特約に加入されている方は保険会社が負担します。
交通事故の基準
弁護士特約あり 民事事件の基準もしくは保険会社の基準によります。
弁護士特約なし 民事事件の基準によりますが、
事案により着手金を後払いとすることもあります。
  • 弁護士特約に加入されている方は、特約の範囲内で保険会社が弁護士費用を負担します。
民事事件の基準
経済的利益の額が
300万円以内
の部分
着手金 経済的利益の8%
報酬金 経済的利益の16%
経済的利益の額が
300万円以上
3,000万円以内
着手金 経済的利益の5%と9万円
報酬金 経済的利益の10%と18万円
  • 最低着手金は訴訟や調停は20万円、交渉は10万円です。

PAGETOP