Company契約書

どのような企業でも取引先や顧客との契約をしますので、契約書の作成は企業にとって重要な法的課題です。
もし取引先とトラブルになった場合、契約書がない場合や、契約書があったとしても不備がある場合には大きな損害を被る可能性があります。
弁護士に契約書の作成を依頼した場合、法律上の問題のみならず取引先との関係も考慮に入れながら作成を進めますので、より取引の実態に即した契約書を作成することが可能になり、安定した経営につながります。

事例

  • 現在、登録の実例はありません。

一覧を見る

はじめに

企業が取引先と何か契約を締結する場合には、将来のトラブルを予防するために、口約束だけで取引をするのではなく、契約書を作成するべきです。契約書がないと、後になって取引相手との間で、そもそも契約したのかどうか、契約したとしても代金の金額などで争いになってしまう可能性があります。

また、契約書を作成したとしてもその内容は精査する必要があります。契約書に押印すると、たとえその内容が自社に不利益なものであったとしても拘束されてしまうので、将来大きな損失を被る可能性もあります。

契約書のチェックや作成を弁護士に依頼すべき理由

1. トラブルの事前予防

契約書を作成する段階で、契約上生じる可能性があるリスクを洗い出し、リスクの分析と対策を検討することにより、トラブルを事前に予防することが可能となります。

2. 契約書に当事者の合意内容を反映できること

契約書の雛形はインターネットや書式集などで簡単に手に入れることができます。しかし、雛形には一般的な条項が記載されているだけで、当事者の取引についての合意内容を反映できるわけではありません。弁護士に依頼することにより、当事者の合意内容を正確に反映することが可能となります。

当事務所で対応できる契約書の種類

当事務所では、下記の契約書や規約等のチェック、作成をします。

契約書・規約の一例

  • ・売買契約書
  • ・不動産賃貸借契約書
  • ・事業用定期借地等設定契約書
  • ・金銭消費貸借契約書
  • ・業務委託契約書
  • ・工事請負契約書
  • ・フランチャイズ契約書
  • ・雇用契約書
  • ・就業規則
  • ・相手方との合意内容を記載した合意書 など

料金表

おおよその目安で税別の料金です。
具体的な金額は、丁寧にご説明のうえ委任契約書に明記します。他に印紙代、郵券代などの実費がかかる場合があります。
お気軽にお問い合わせください。

相談料 原則として30分 10,000円
文書の作成、チェック 契約書のチェックや簡易な文章の作成は1頁5000円~(最低5万円)
契約書の作成は10万円~